生活習慣の改善で黒ずみのない肌作り

何気ない習慣や癖は、知らず知らずのうちに肌の黒ずみへと導いてしまうことをご存知でしたか?
皮膚は摩擦による刺激などを受けると、肌を守ろうとしてメラニン色素を多く作り出し、それが色素沈着し、黒ずみとなってしまうのです。
黒ずみを引き起こす原因としては、日々の生活習慣や癖によるものが大きいです。
自分が知らず知らずのうちにしている生活習慣や癖を見直してみましょう。
まず頬杖をつく癖はありませんか?
考え事をしているときや、テレビを見ながらうっかり頬杖をついてることはありませんか?
実はこれは肘に圧力がかかり、黒ずみの原因となってしまうのです。
また癖なので、繰り返しやってしまい、知らず知らずのうちにゆっくりと黒ずみになってしまうのです。
また、頬杖をつくと黒ずみだけでなく、顔の歪みやシワなどの原因にもなるので気を付けてくださいね。
そして、足を組む癖も同様に黒ずみになるので気を付けましょう。
締め付けの強い下着や、細めのスキニーパンツなどの衣類による摩擦も要注意です。
どうしても身に付けたい場合は、下着はナイロンなどは避け、肌触りのよいコットンにするのが良いでしょう。
また、洋服を着る前にボディクリームを塗ることで摩擦を最小限にすることも効果的な対策の一つです。
お風呂で体を洗うときも、ナイロンタオルでゴシゴシ擦りながら洗うのは、肌に大きな刺激を与えるので控えましょう。
刺激を避けるために、しっかり泡を立てて優しく洗うようにしてくださいね。
生活習慣の改善で黒ずみのない肌作り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です